ネクタイ

大切なアイテム

クールビズがいくら定着しても、ネクタイを一本も持っていないビジネスマンはいませんよね。

スーツを着こなす上で大切なアイテムですが、気づけばいつも同じようなネクタイを買っていたり、一年間決まったネクタイを使いまわしたりしていませんか?
ネクタイ生地は、大きく分けて天然素材を用いたもの、化学繊維素材を用いたものがあります。天然素材は、ネクタイの色合いが鮮やかに見え、肌触りが良いといった特徴があります。一方で化学繊維素材は、比較的安価で手入れがしやすいといった特徴があります。
シルクは、ネクタイによく使われる天然素材です。たんぱく質で構成される動物性の繊維で、人肌に近い滑らかな触り心地が特徴です。そのことからシルクは、「第2の肌」と呼ばれることもあります。

表面に上品な光沢があり、生地が柔らかいので結びやすいのもシルク生地の特徴です。そんなシルクのネクタイはビジネスシーンでも最も用いられる素材で、季節やシーンを選びません。

季節感で選ぶ

原材料が羊毛のウールも天然素材です。見た目からも伝わってくる優しさと温もりはまさに秋冬にぴったりの素材ですね。ウールのネクタイはシルクのネクタイと違って光沢がないので、スーツやシャツにも光沢がないものを選ぶと決まります。
ウールに対照的な、見た目と触り心地の天然素材であるのがリネン。ウールが秋冬なのに対し、リネンは夏の季節感を楽しむことのできる素材です。生地も薄く、見た目にも爽やかで涼しげな印象を受けます。リネンのネクタイなら、ジャケットやスーツも夏らしさを感じる薄手のものを選びましょう。シャツにも鮮やかな色のチェックや涼しげなストライプを合わせると、さらに季節感のあふれた着こなしになります。
スーツやシャツでおなじみのコットンもネクタイ生地にお勧めです。シルクにはない落ち着いた風合いがあり、落ち着いた品の良さがあります。シルクやリネンのものより落ち着いた色合いや風合いのため、ビジネスからカジュアルまで使っても問題なく決まります。

nekutai