オーダースーツ

似合う色・柄を選ぶ

せっかくスーツをオーダーするのですから、自分に似合う色・柄を選んではいかがでしょう?
技術が発達した現代では、数え切れないほどの色柄があります。

TPOに合わせて、また与えたいイメージに合わせて選びましょう。
例えばオフィスの場合は、柄は無地。色は、紺色やグレー色のスーツを選ぶと良いでしょう。色は同じでストライプ柄もお勧めです。

ストライプ柄は、慣れるまでは少々悩むかもしれませんが、シャツを買い足し、自分の中での仕事用のコーディネートを作ってしまえば、無地のスーツよりも落ち着いた雰囲気で、知的な印象を演出することができます。
ただ、ストライプ柄を選ぶ時は、ストライプの太さに注意しましょう。ストライプが太すぎると、少し自己主張の強いデザインとなってしまいます。

オフィスでは浮いてしまう可能性があります。

勤務するオフィスのルールにもよりますし、太いストライプの柄を選ぶ場合は周りとのバランスを良く見極めてからにしましょう。

季節やシーンによって変える

スーツの色や柄を季節やシーンによって変えると、ぐっと上級者の着こなしになります。

例えばビジネススーツの定番の柄である「無地」。ただの無地でも、濃淡によって出来上がったスーツ全体の印象が変わりますから、色違いや濃淡違いで複数持つのもいいかもしれません。

また、太めの線が特徴なチョークストライプは落ち着いた印象を与え、誠実さ、そして紳士的な印象のある着こなしを演出してくれる柄ですから、大切な商談の際などにあなたをサポートしてくれるかもしれません。

チョークストライプ
極細の点線が特徴なのが、ピンストライプ

クラシック柄のひとつとして知られ、信頼感のある着こなしの演出をしてくれる柄です。縦横の縞模様デザインで、組み合わせる縞模様によって印象がガラッと変わる特徴をもつチェック。

ピンストライプ

 

どちらかと言えば、カジュアルな印象を演出してくれる柄ですね。ハウンドトゥースは千鳥格子という名前の方が知られているかもしれません。2色で同じパターンを繰り返すデザインが一般的です。

ハウンドトゥース